血糖値をコントロールして、一病息災Lifeを手に入れましょう。 自分が調べたり見聞きした体験などを紹介する事で、少しでも血糖値を下げるお手伝いができればと思います。
プロフィール

G.sky

Author:G.sky
糖尿病歴3年弱。
とてつもない高血糖をなんとか1年で改善するもストレスから入院寸前状態に逆戻り。
しかし、研究の結果(大げさ・・・)現在は、血糖値105mg/dl、HbA1C 6.6%(病院測定値)まで改善。
3ヶ月に1度通院、スルフォニル尿素薬40mg/日服用中。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
糖尿病と診断を受けた方の中で、どれ位の方が家庭で血糖値を測定する器械をお持ちなんでしょう?

1型糖尿病の方や、2型でもインスリン注射を必要とされてる方はお持ちだと思いますが、それ以外の糖尿病患者は測定器を持っていない方がほとんどではないでしょうか。
私も最初はそんなに必要性を感じないので、持っていませんでした。でも、HbA1cの結果が良くなり病院に行く間隔が1ヶ月に1回から3ヶ月に1回と長くなるにしたがって「自分のコントロールってどうなってるんやろ?」と思うようになってきたのです。
受診の間隔が長くなると言う事は、当然経過も良好と言う事ですから安心していれば良かったのでしょうが「経過もいいし、しばらく来なくていいよ。」と主治医に言われてから、わずか2ヶ月で急激にまた悪くなった経験もあったので、1年程前に血糖値を測定する機器を買うことにしました。
調べた結果、販売しているのは調剤薬局で、価格は採血用の器具(針で指先を突いて血を出すヤツ)とその針、そして血糖測定機がセットになった物で10,000円ぐらいでした。それにプラス測定機にセットする試薬が30枚で3,000円ほど、合計13,000円というところが一番安い価格でした。
問い合わせをした調剤薬局の方の説明によると、インスリンを使用されてる方は保健がきくけれどもそれ以外は実費だと言われました。
はあ~、同じ糖尿病で違うんかいなぁと思いつつ購入した次第です。

血糖値の測定というのはその瞬間のものですから、HbA1cに比べて参考的な要素が強いとしても、経過が良くなり通院の間隔が空くならば自己血糖測定機はより必要だと思います。なぜなら、糖尿病は自己管理を強く要請される病気だからです。
なのにナゼ医師の方はもっと勧めないのでしょうか? 
保健も適応して、より求めやす価格にしないのでしょうか?

200607280835000.jpg



ブログランキング参加してます! 応援よろしくお願いします。

人気blogランキングへ     FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
私は、毎食前に必ず食べるものがあります。
それは寒天

1年ほど前に、TVの某健康番組でダイエットに効く食材として紹介され、人気のあまり全国の店頭から姿を消したのは、まだ記憶に新しいですよね。
その番組のメインの話題はダイエットでしたが、私が興味を持ったのは「血糖値が下がる。」と言うところでした。

やり方は簡単で、1日3食食前に200gの寒天(ところてんもOK)を食べるだけ。
なんかワケの分からな健康食品より、寒天なら
①昔から食べられている食品で安心。
②どこでも手に入る。
③安い!
④作るのも簡単
⑤私はあの手の食感が大好き。

と、言う事ですぐに始めました。

寒天を食べて食事をすると、胃腸の中でゲル状になった寒天と食物が混ざり合って、糖の吸収を緩やかにするので血糖値が急激に上昇するのを防ぐ。と言うのが、メカニズムのようです。

私は、300gの固めて冷やした寒天か、カップ1杯の寒天昆布茶をいつも飲みます。
寒天昆布茶は、カップ1杯のお湯に1gちょっとの粉末の寒天を入れ、沸騰させながら溶けるまでかき混ぜます。溶けたら火を止め、昆布茶を入れて出来上がり。

これを固まる前に、食事と一緒にいただきます。
ちょっとした、なんちゃってスープみたいな感じで美味しいですよ~。
もちろん、なんちゃってじゃなくて、ちゃんと味噌汁やスープがあればそこに寒天を入れて溶かしてもいいし、色々応用はできると思います。
固まる前の寒天の方が、より食後血糖値の上がり方も緩やかになるそうなので、糖尿病患者にはこちらの方がいいかも知れませんね。
寒天を食べ始めて1年ちょっと経ちますが、少なからず効果はあると思います。
ご飯の量を減らしても寒天のお陰で満腹感もあるし、腹持ちももいいしのも嬉しいです。


余談ですが、私の住む大阪ではところてんは黒蜜をかけて食べるんですが、他の地域では2杯酢で食べるのが一般的みたいですよね。
2杯酢って「おかず」っぽいように思うんですけど、感覚としてはやっぱり「おやつ」なんでしょうか・・・?


ブログランキング参加してます! 応援よろしくお願いします。

人気blogランキングへ     FC2 Blog Ranking
少し前からメタボリックシンドロームという言葉が話題になってますよね。
肥満を気にする方や我々糖尿病患者にとっても気になる言葉です。
以前、新聞でメタボリックシンドロームに関するアンケートの結果が載っていたので紹介します。

その前に、メタボリックシンドロームとは何でしょうか?
「メタボリック」とは「代謝の」という意味で、内臓脂肪型の肥満に加えて、高脂血症、高血圧、高血糖のうち2つ以上が複合した状態がメタボリックシンドロームです。
一応の目安として個人差はありますが、ウエストが男性で85cm以上、女性で90cm以上と言われています。

さて、アンケートですが回答者は2800人。
そのうち53%の人がメタボリックシンドロームが気になると答えています。その理由として、大半の方が運動不足挙げています。他には「日常のストレス」「腹囲が危険値」などが挙がっています。
また、メタボリックシンドロームが増えている理由として、運動不足の生活環境を挙げている方が圧倒的です。
メタボリックシンドロームの理由が運動不足だと思っていても、運動不足になりがちな生活環境を変えるのはなかなか難しい。こんな現状のようです。

「メタボリックシンドローム、分かっちゃいるけど・・・」なんでしょうね。
でも、糖尿病患者から言わせたら「何とかなるうちに何とかしとかないと、えらい事になりますよ。」って感じなんですけどね。


ブログランキング参加してます! 応援よろしくお願いします。

人気blogランキングへ     FC2 Blog Ranking
ストレスが病気に与える影響に相当大きなものがあるのは、よくご存知だと思います。
糖尿病ももちろんで、新潟大学大学院医学部教授の安保徹先生糖尿病や痛風の本当の原因はストレスで生き方を見直せば治せる。とおっしゃってます。

人間の自律神経は、交感神経と福交換神経があり両者がバランスがとれている状態が正常で免疫がアップする状態なのだそうです。
しかし、そこにストレスがかかると交感神経が優位になりアドレナリンが分泌されます。すると活性酸素が増加したり、血行障害が起こり、免疫力が低下し、病気や痛みが発生するそうです。
糖尿病の場合は、この活性酸素が組織破壊をおこない、それが膵臓に及ぶとインスリンは出にくくなりその力も低下し血糖値が上昇する、ということです。

そして、この組織破壊にいっそう拍車をかけるのが厳しい食事制限だとおっしゃってます。
飢餓やひもじさは生物にとっての最大のストレスで、糖尿病や痛風患者に食事療法を課すと、飢餓ストレスから交感神経はより緊張度を増して、ますますバランスが崩れ治癒から遠ざかるのだそうです。ただし、ちょっと動いただけで息切れするほどの肥満の方は、自律神経は交感神経が緊張状態にあるので、食事制限をして適正な体重を取り戻す事が、自律神経のバランスを整え病気治癒に導く近道だということです。

私は、糖尿病と診断された時から食事・運動・薬で10ヶ月ほどで血糖値もHbA1cも正常値まで戻り、薬の服用がなくてもそのいい状態が2ヶ月以上続きました。しかし、またその後2ヶ月でHbA1cが9以上という最初の状態に戻ってしまったのです。もちろん、食事も運動も気を緩めた分けではないのにです。
しかし、この2ヶ月間は仕事も忙しく、家族が病気をしたり、色々あって睡眠時間も異常に短かったりと、かなりのストレスを受けていました。

この経験を考えると、「ストレスというのは糖尿病の真の原因である。」というのは私には、十分納得できる理論です。

糖尿病、痛風を治す3か条は
★働きすぎをやめ、心の悩みを捨てる。
★肥満者以外は食事制限不要
★薬に頼らず副交感神経を刺激する。
だそうです。

現代社会では、ストレスを軽減して生活するのはなかなか難しい事です。
でも、我々糖尿病患者は何かしら工夫をしてストレスを少しでも減らしていきたいものです。




ブログランキング参加してます! 応援よろしくお願いします。

人気blogランキングへ     FC2 Blog Ranking
私が糖尿病になった時に、よく「甘党?」って聞かれたものです。
糖尿病をあまり現実のものとして、身近に感じてない人の認識ってこの程度なのだろうと思います。
実際、私はどちらかと言うと子供の頃から甘い物は苦手だし、お菓子類もほとんど食べません。
おそらくこの糖尿病=甘党というイメージは、糖尿病の「糖」と言う字からくるのでしょう。確かに、甘い物(糖分の多い物)をたくさん食べると血糖値は上がりますし、高血糖が続くと尿糖が出るので、すべて間違いという事でもありませんが・・・。

血糖値を上げるのは、糖分だけでなく糖質、炭水化物です。

では、糖分と糖質と炭水化物とはどう違うのでしょう。

炭水化物は糖質と繊維の複合体で、糖質とは炭水化物の構成成分です。
糖質には
 単糖類・・・ブドウ糖、果糖などがあり蜂蜜や果実に含まれ強い甘みを出します。
 二糖類・・・麦芽糖、しょ糖、乳糖などで砂糖がそうです。
 多糖類・・・でんぷん、グリコーゲンなど。
があります。
糖分というのは一般には甘い味の物を言うので、単糖類、二糖類がそうですね。

つまり炭水化物は糖質と繊維からなり、その糖質の中に糖分も含まれるという事です。

ということは、甘いお菓子やパンだけでなく糖質のかたまりである煎餅や、糖質の多いビールも血糖値を急上昇させるので要注意と言う事ですね。


ブログランキング参加してます! 応援よろしくお願いします。

人気blogランキングへ     FC2 Blog Ranking
// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。